いじめは世界共通の問題必要なのは「教育」!

いじめは世界共通の問題必要なのは「教育」!

このエントリーをはてなブックマークに追加

いじめに必要なのは「教育」と正しい「欲」の使い方

外国のいじめ記事を読むと、いじめの内容は、ほぼ変わらず日本と一緒だと感じました。

 

日本だから…

 

アメリカだからといって、いじめの質や内容が違うのかと思ったりもしましたが、

 

私が読むかぎりあまり変わらないと感じました。

 

 

特に注目したのは、

 

「ハーフの子のいじめ」です。

 

日本でも、クラスにハーフの子がいるといじめにあいます。

 

これが、場所を変え、

 

アメリカや外国に住む(在住)する、

 

国際結婚をした親の子供は、

 

やはり場所が外国というだけで、いじめられている内容はほとんど同じです。

 

結果、いじめは世界共通の問題という事だと思います。

 

何処の国でも「いじめ対策」はとられていますが、

 

いじめが永遠に無くならないのは人が産まれてくるからです。

 

人が産まれてくる限り 「いじめは生まれる物」 と私は捉えています。

 

しかし、

 

「いじめを無くすことはできないが、減らすことは可能」だと私は思っています。

 

それは「教育」です。

 

人に「教育」を与えることで → いじめは確実に減らせると私は思っています。

 

例えば、

 

アマゾンの奥地に住む、原住民は争いや戦いを繰り返して生き続けてきました。

 

地球上には、自分達原住民しかいないと信じている者たちに、

 

世界は広いことを教えると、

 

「恐怖と期待」が入り混じり、と言うものが発生し、その先が知りたくなります。

 

ボディーランゲージではなく、言葉と言う表現方法を教え、

 

そこに、教育というものを与えると、

 

争いばかりをしていた原住民は

 

「教育」という素晴らしさに気づき始め、争いが減っていったといいます。

 

 

教育がいかに大事なのか、

 

いじめを無くすことはできないが、いじめを減らすために、「教育」が必要なことが分かります。

 

また動物で例えると、

 

野生の動物に言葉と言う「教育」を根気よく与えた結果、

 

言葉の意味を取得し、人間と意志の疎通ができるようになったそうです。

 

その結果、動物も人間と同様、「嬉しい・楽しい・悲しい」などの「喜怒哀楽」の「感情」を持っている事が分かったのです。

 

ここで、学ぶべきことは、

 

意志の疎通やコミュニケーションができることで、お互いを理解し良好な関係が築けるという事です。

 

人間 対 人間 のみならず、

 

動物 対 人間 の関係も、可能だという事です。

 

 

いじめ問題に関しても、いかに、「教育」が大事なことかがわかります。

 

教育」は人の、人格形成を養い、争いを無くし、人と人を良好な関係に導くための方法なのです。

 

 

私が、この様なお話をするのは、自身の人生経験から学んだ結果です。

 

※ 一つ気を付けなくてはならない事があります。

 

人に「教育」を与えると、「欲」という感情が生まれてきます。

 

この「欲」の使い方で、人は、良くも悪くもなっていきます。

 

どうか…

 

正しい欲の使い方を身に着けて行ってほしいと願います。

 

いじめ問題を真剣にお伝えしています。 解決の入り口の参考に…



いじめのない場所へ走りだそう。

子供が自分に自信をつけることで、 イジメのない仲間達の中に入れます。

そのお手伝いとして、次の方法をご紹介します。


勉強で自信を持つ方法!

スポーツで自信を持つ方法!




このエントリーをはてなブックマークに追加



このページの先頭へ戻る


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME いじめ体験談(実話) スマホ・ラインいじめ特集 いじめが惹き起こす悩み 運営者情報