いじめ実話体験談 「保護者会後日、話し合い…」 | 子供をいじめから守る方法

いじめ実話体験談⑥「保護者会後日、話し合い…」

このエントリーをはてなブックマークに追加

実話⑥ 保護者会後日、話し合い!

緊急の保護者会後、私は正しい意見を発言したコーチの勇気と影響を受け、
私自身も、顧問の先生に意見を言おうと後日、行動を起こす事にしました。

 

話し合い

 

 

下記がその時の、私の意見内容です。

今回、問題視されているのは 「何故、注意されても、何度も何度も繰り返されるのか」 という事です。
それは子供たちが、根っこの部分で理解していないからではないでしょうか?

 

今回、このような保護者会の場を作って戴いた、4学年の先生方は、1・2年の頃から一人一人の子供たちの事を見て、知って、分かっている先生方ですので、今回の処置(保護者会)の実施は、正しいと思いますし、逆にこのような機会を作って戴いて、とても感謝しています。
また、今子供達を正して直さなければならないという、4学年の先生方の子供達への思いだと思います。

 

 

私は、子供の健全な人格を育てるには、学校で教えられるのは2割から3割程度だと思っています。
いちばん身近にいる家庭での普段行っている親の指導や考え方が、7割から8割影響すると思います。

 

ですが、家庭の指導において、良い価値観を子供に伝えられない親が多いと思います。

 

ただ単に、

  • 人に意地悪をしてはいけないとか
  • 万引きは駄目だとか
  • 人に暴力をふるってはいけないとか
  • 人の悪口を言ってはならないとか…

いっぱいあると思いますが、
その教え方だけでは十分ではない、ということだと思います。

 

良い行いとは、例えば

  • 行儀の良さ
  • 勤勉さ ( 普段の勉強や宿題 ・ 夏休みの宿題、正直さ… )
  • 普段の生活の中で、良い行いをする事…

そういう事が重要であるということを、教えなければならないのではないでしょうか?

 

善悪のはっきりとした知識を身に着けさせることと、
それを持続させる心を養うことが必要だと思います。

 

ただ…
親に道徳心が無いのに、子供にそれが身に付くことを期待するのは難しいと思います!

 

子供が、無責任な行動をしたとき親は…
「 まだ子供だから… まだ4年生だから… 」と言って、
彼らを甘く見てはいけないんではないでしょうか。

  • 愛情は物質的なプレゼントによって示されるわけではないこと
  • 人間 ( 道徳心 ) のほうが物質よりも大切であるということ
  • 誘惑に我慢しなければならないということ

を教えなければいけないと思います!

 

親が子供を甘えさせたことで、本来、身に付くであろう必要な発達を遅らせてしまう原因になってしまうと思います。

 

家庭で親が教えなければならないことは、

  • 明確な手本
  • 励まし
  • 首尾一貫した、ブレない説明と指示
  • その問題を解決するための、手順と責任の意味
  • さらに良くする為の、修正

これらを教えることが大事な基本だと思います。

 

目標としては、

  • 子供自身が自分をだめにする習慣を持たず
  • 外部から影響されずに、自分で考えること
  • そして思いやりのある愛すべき心を持つこと

を教えることが重要ではないでしょうか?

 

 

これができる子供と、できない子だとこの先、必然的に差が開いていくと思います。
いつまで経っても、繰り返してしまうという事です。

 

物事の正解は一つではありませんので、その場その場で、臨機応変に対応できる柔軟さを持てる子供に育てる事が重要だと思います。

 

 

 

何故? この子達は、○○先生が来てるときだけ! 態度が違うのか…?
悪さしている事を、他の人(先生やコーチ)から聞いて知っているのにも関わらず、
注意もしない対処方法が、今回重要視されている子供達に 「 繰り返し 」 という形で影響しているということです。

 

子供達の間では、
「 この程度の事をしても、怒られないんだ… 」
「 イジメをしても試合に出られるんだ… 」 っと
思わせてしまう対処 (教育) を、顧問の先生がしているからだと思います!

 

これでは、真面目に勉強や部活に取りくんでいる子達には、何時まで経っても試合に出してもらえない状況になるのではないでしょうか!

 

こういった事をふまえて、顧問の先生がなさっている対処方法は、
「 繰り返し 」 を防ぐために、繋がる指導になっていないと思います!

 

4学年の先生方がこの会(保護者会)を、設けてくれた意味は、そういう 「 繰り返し 」 を防ぐための機会ではないでしょうか。

 

それとも、○○先生がおっしゃっている、あの子達を「 悪いと思わない! 」 というのは…
何か意味やお考えがあっての対処なのですか?

 

○ ○ 先生の見解を知りたいのですが…

 

しかし…
顧問の先生の言葉は 「 俺は、○ ○ を悪いと思わない! 」 の、
一点張りでした…

 

前ページを読む | 次ページを読む

 

 


注目記事

いじめ行為をした子へ学校は指導しないのでしょうか?

 

いじめ問題を真剣にお伝えしています。 解決の入り口の参考に…



いじめの知識 ・ 技術そしてコツをお教えします!



このエントリーをはてなブックマークに追加



このページの先頭へ戻る

いじめ実話体験談⑥「保護者会後日、話し合い…」関連ページ

いじめ実話体験談①「まずは自信または安心感と予防策」
いじめ体験談を通して子供をいじめから守る方法をお伝えしています。子供をいじめから守るには、まずは、いじめにあっても耐えられる心と頑張れる心が必要です。そのために必要な準備をしましょう。
いじめ実話体験談②「髪切り事件が発生…」
いじめ体験談を通して子供をいじめから守る方法をお伝えしています。あれが(いじめ)始まったのは、そう…小学校1年生の頃からでした。しかし、今思えばそれ保育園の頃から始まっていたのです…
いじめ実話体験談③「まさか大人の仕業だとは…」
いじめ体験談を通して子供をいじめから守る方法をお伝えしています。2学期が終わり、終業式から帰ってきた息子の持ち物を整理して外靴を洗っているとき、すすぎの段階に入り、ギュッギュッと押し洗いをしていると外靴のヒール(HEEL)(踵部分)部分のプラスチックのロゴ部分が飛び出してきました。
いじめ実話体験談④「部活の帰りにそれは起こりました…」
いじめ体験談を通して子供をいじめから守る方法をお伝えしています。4年生になり、部活動に入部しなくてはなりません。うちの子はバスケ部に入部したのですが、その年の新人の4年生は、たまたま問題児が多く波乱の幕開けとなりました。
いじめ実話体験談⑤「緊急の保護者会が開かれましたが…」
いじめ体験談を通して子供をいじめから守る方法をお伝えしています。そのコーチを通し4学年主任の先生に相談をし、部活の体制を変えるという方法を試みました。ちょうどその頃、夏休みが終わったばかりでほとんどの子が夏休みの課題をやってきていないという事実が発覚しました。
いじめ実話体験談⑦「消えたコーチ… 消えた先生…」
いじめ体験談を通して子供をいじめから守る方法をお伝えしています。保護者会から数か月後、そのコーチが辞職するという噂が…私がそのコーチに確認をとるとPTA会長の奥さんにこう、言われたそうです。「いつまでいるんですか?辞めてもいいんですよ!」「自分の子供もいないのに…」「あなたの教え方じゃ勝てませんし、体で教える事は無理ですよね…」と…
いじめ実話体験談⑧「まさか部活の顧問の先生が担任に…」
いじめ体験談を通して子供をいじめから守る方法をお伝えしています。5年生へ進級と共に、先生方も総入れ替えでスタートしあってはならないことが起こりました。あの部活の顧問の先生兼生徒指導主任が、リーダー的存在の問題児であるK君のクラスの担任をすることになったのです。
いじめ実話体験談⑨「保護者からのいじめが発生…」
いじめ体験談を通して子供をいじめから守る方法をお伝えしています。相変わらず部活の体制は変わらず、勝つことだけに闘志をむき出しにしている一部の保護者達が、傍若無人になっていきました。ある日、私の携帯に電話が掛かってきました。「○○ですけど…」
いじめ実話体験談⑩「コーチからのいじめが発生…」
いじめ体験談を通して子供をいじめから守る方法をお伝えしています。一部の保護者からのいじめが発生し始めてから、今度はコーチからのいじめも加わるようになってきました。今までとは違って、親子共々露骨にいじめられるように…
いじめ実話体験談⑪「先生からのいじめが発生…」
いじめ体験談を通して子供をいじめから守る方法をお伝えしています。そして、先生からのいじめも…顧問の先生は、部活の先生の他に生徒指導主任という立場の人なのですが…初めのうちは、顧問の先生もコーチとはあまり仲が良くなく上手くいっていませんでしたが、コーチの強い態度に押される形になり今では主導権は全部コーチに。
いじめ実話体験談⑫「心のプロジェクト作戦…」
いじめ体験談を通して子供をいじめから守る方法をお伝えしています。このように、今も先生やコーチからのいじめや嫌がらせは続いています。普段の部活での練習の時には、同じ学年の仲間達とは練習できずに離されて、下級生達グループの中で練習するようになり仲間はずれ状態に。
いじめ実話体験談⑬「異動した先生からの励まし…」
いじめ体験談を通して子供をいじめから守る方法をお伝えしています。以前、PTA会長の息子の担任であり異動になった先生が、異動先の学校で同じバスケ部の顧問となり、対戦相手として、再会する様になりました。
いじめ実話体験談⑭「インフルエンザ流行の影響で新人戦が…」
いじめ体験談を通して子供をいじめから守る方法をお伝えしています。「新人戦」という大きな大会が行われました。6年生の生徒が引退し、新6年生となる5年生がメインとなる初めての大きな大会です。5年生達や息子にとっても2年間の努力が報われる大会でもあり、ようやく新6年生が活躍できる場でもあります。
いじめ実話体験談⑮「刃物所持事件が発生…」
いじめ体験談を通して子供をいじめから守る方法をお伝えしています。そんなある日、K君が刃物を隠し持っていることが判明。刃物自体は木で削られ作られた小刀でした。しかしその小刀によってある生徒が脅され泣いていたのを目撃した子がいました。「あのね、今日学校で聞いたんだけど…
いじめ実話体験談⑯「コーチ講習料…」
いじめ体験談を通して子供をいじめから守る方法をお伝えしています。私達保護者達には、メールで頻繁に連絡事項が入ります。 その日もいつものようにメールが… ブーブーブー(携帯)「連絡です!保護者会費から、コーチに、講習料を払う事になりました…」「2人で ¥○○円です!」」 承諾無しの一方的なメール内容でした…
いじめ実話体験談⑰「6年生を送る会不参加!でも会費徴収…」
いじめ体験談を通して子供をいじめから守る方法をお伝えしています。部活での「6年生を送る会」の時期がやってきました。食事に関する料金を徴収するという内容のお手紙でしたが、何故か不参加でも徴収しますと…
いじめ実話体験談⑱「お店から通報事件…」
いじめ体験談を通して子供をいじめから守る方法をお伝えしています。ある日、お店から学校の職員室に通報の電話が入りました。K君達、何人かがWi-FIがあるフリースポット店にたむろし、何時間も店の床に座り 3DSをしているので、お店から「迷惑です…」という電話でした。
いじめ実話体験談⑲「近隣住民宅から苦情の電話…」
いじめ体験談を通して子供をいじめから守る方法をお伝えしています。近所の住民から体育館での児童の声がうるさすぎると… 学校に苦情の電話が入りました。学校長の対策は児童の健康優先ではなく、意外なものでした…
いじめ実話体験談⑳「担任の先生へ相談…」
いじめ体験談を通して子供をいじめから守る方法をお伝えしています。いじめが起きたとき、学校関係者である先生に、いじめがあった事実を知らせる必要があります。それは後々になって、いじめの事実は無かったと、させないためです。
いじめ実話体験談㉑「新しい顧問の先生と新しいコーチ…」
いじめ体験談を通して子供をいじめから守る方法をお伝えしています。新しい顧問の先生と新しいコーチが就任したことで状況が変わり、2つの問題が解決しました。残る問題に対しての処置として部活内での法案を作り、それに従わせるという試みを実施しました。
いじめ実話体験談㉒「疲労骨折!プロジェクトが現実に…」
いじめ体験談を通して子供をいじめから守る方法をお伝えしています。心のプロジェクトの講話が現実になりました。ただ… 疲労骨折をした子はなんと、あのPTA会長の奥さん(コーチ)の息子でした。
いじめ実話体験談㉓「下級生からのいじめが発生…」
いじめ体験談を通して子供をいじめから守る方法をお伝えしています。間違った概念を教えられた事で、息子への下級生からのいじめが発生しました。その対処法を実話を基にお話しています。

ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME いじめ体験談(実話) スマホ・ラインいじめ特集 いじめが惹き起こす悩み 運営者情報