子供にスマホを持たせるより、いじめ犯罪から守る持ち歩けるセキュリティ端末!

子供にスマホを持たせるよりいじめ犯罪から守る、持ち歩けるセキュリティ端末!

このエントリーをはてなブックマークに追加

子供にスマホを持たせるよりいじめ犯罪から守る!持ち歩けるセキュリティ端末!

子供にスマホを持たせるよりいじめ犯罪から守る、持ち歩けるセキュリティ端末!

子供にスマホを持たせるよりも、いじめの犯罪から守る、

持ち歩けるセキュリティ端末が実用的で安心です!

 

なぜ、学校が携帯電話を「禁止」しているのか、
それは、「ラインいじめ」から子供たちを守るためだからです。

 

しかし、一方で保護者や親御さん達の意見の中には、
「いじめや犯罪から守るためには」なおさら、
すぐ連絡がとれる「スマホ」が必要だ!と強く主張する保護者もいます。

 

確かに、スマホが必要な気持ち良くわかります。
けれど、その保護者の頭の中の考え方の比率は、こうではないでしょうか。

 

「ラインいじめにあう確率」よりも「ラインいじめにあわない確率」の方を、
おそらくその親御さんが信じているからですよね…。

 

「うちの子は、大丈夫。」
子供には、
「ラインはするな!と言っている。」
と、お思いなのではないでしょうか?

 

確かに、親の言うことを聞くお子さんなら、「スマホを持たせても安心!」だと思います。
うちの子にも同じように言った覚えがあります!(それでも、うちは持たせない派でした。)

 

 

ある日、友達にこんな事がありました…
スマホを持っていたその友達の子は、仲間とラインをしていたそうです。
明日の予定のことだと、

 

「こんな遅くに何やってるの!」
「ラインはダメだって、言ったでしょ!!」

 

すると、

 

「母さんは、俺から友達を無くしたいんだ…!」
「明日、俺だけ仲間から外される!」

 

そう言われた母親は子供のいじめに繋がるかもしれないと、
「…… 。」 何も言えない母になってしまいました。

 

これは、めずらしい事ではなく、ごくごく普通の家庭によくある、会話です。

 

親が思うよりも、子供は、「親の心子知らず」で、
先の事は、考えにくいんです。

 

自分の子供の頃を思い出して見てください。
何年も先のことを考えてましたか?

 

違いますよね…
親の保護のもと、
こんなことがこんなふうに大変な事になるなんて考えずに、過ごしていませんでしたか?
ですよね…

 

子供には、年齢的にも、難しい事や経験のない、先の事は、考えにくいのが現実です。
想像をさせるくらいです。
「これこれこうなんだよ…って」
でも経験が伴っていない場合は、すぐ「忘れてしまいます!」

 

それでも、人生経験をしたからこそ先の事がわかる親たちは、
うるさく小言のように言い続け、
子供は、嫌がり聞く耳も持たず、
悪循環の連鎖が繰り返されるだけなんです。

 

子供に、嫌われながらも、
それでも子供を何とか守るために行動するのが親です。(無償の愛)

 

多くの子供たちは、どれだけその枠の中に入っているのでしょうか?
多くの親達は、どれだけその枠から子供を守り続けているのでしょうか?

 

子供も親も日々多忙の中で、子供をずっーと守り続けていくのには、
今の社会だと厳しいのではと私は感じています。

 

目が行き届く年齢ならいいのですが、
子供も成長と共に親の傍から離れて、行動するのが当たり前になってきます。
それが、「大人になるために必要な成長」なんですが…

 

それでも、悪意のある悪質な人間は、世の中にたくさん存在します。
そして、子供が事件に巻き込まれます。

 

私が住んでいる町でも、ニュースになっってしまった「ラインいじめ事件」がありました。
高校生の女の子が亡くなってしまいました…。

 

いじめは ⇒ 犯罪

 

と認識されるようになったのは、ついこないだです。
真剣に受け止め、対策を考えている保護者は、まだまだ少ないのではないでしょうか?

 

「うちは大丈夫」 と…

 

 

私は、身近に最近いじめ事件があった事や、
自分の子供がいじめにあっていた事もあり、
たまたま親の介護で、軽度の認知症を発生した父のことを思い、
「今どこにいるんだろう?」
と思ったのがきっかけでした。

 

ネットで検索していて、見つけたのがきっかけ
ココセコムというセキュリティ端末

 

読んで調べてみると、あの有名なセキュリティシステムの会社 「 セコム 」 が、
高齢者対策に作ったセキュリティ端末でした。
これって、子供のいじめ対策に使える!

 

「子供がいま何処にいるのかを教えてくれる!」
「不審者などの犯罪者対策から守ってくれる!」
家族みんなで、使う事もできる!」
「料金が安いんです!10回までは無料
「自分が仕事で忙しくて遅れたり、行けないときでも、セコムの人がすぐ駆けつけてくれて守ってくれる!」
「子供がボタンを押せば、自動的にセコムに通報され守ってくれる!」

 

これなら役に立つ!

 

学校が携帯電話を禁止している場合、
どうやって子供をいじめの犯罪から守ればいいのでしょう?
それは、学校のルールを破ってこっそり子供にスマホを持たせるよりも、

 

いじめの犯罪から守るために持ち歩ける、セキュリティ端末のほうが実用的で安心です!

 

 

万が一のときの、大切な人を守るセキュリティ端末の 体験版 や 疑問 を見てみる。

 

 

 


いじめ問題を真剣にお伝えしています。 解決の入り口の参考に…



いじめの知識 ・ 技術そしてコツをお教えします!



このエントリーをはてなブックマークに追加



このページの先頭へ戻る

子供にスマホを持たせるよりいじめ犯罪から守る、持ち歩けるセキュリティ端末!関連ページ

スマホ ・ ラインいじめの対処法に見守りアプリ!アナライザーが凄い!
今、スマホラインいじめの防犯対処法に見守りアプリツールが活躍しています。その名はアナライザー最近では、スマホの所持年齢が小学生になっていますよね…私の周りでも、だいたい多いのが小学4年生頃から持ってる子が多かったです。部活が始まる学年から急にスマホを持たせ始めている親が多く、子供が事件や事故に巻き込まれたときの為に使う見守りアプリ!アナライザーが凄いんです!
スマホの危険性を子供が疑似体験で学ぶ!
子供にスマホの危険性を教えるために開発された無料アプリがあります。無料で疑似体験ができて、実際に起きた被害事例を子供が学んでいくというアプリです。その結果子供がスマホによるいじめや犯罪に巻き込まれないようにするために官公庁や学校、教育現場で役立っている無料アプリです。
スマホ依存度チェック!
ここでは、スマホいじめなどのトラブルにあう危険性を簡単にチェックできる、「スマホ依存度チェック」が行えます。そして、さらに何タイプに陥りやすいのかも簡単にチェックできますのでやってみて下さい。スマホは正しく使用すればとても便利で欠かせない物ですが…大人がスマホにはまっているのに、子供にはダメ!と言えるでしょうか…
小学生でも作れる Line スタンプ
小学生や中学生、高校生がライン(Line)スタンプ作りに挑戦するならコレ!3Dスタンプや「しゃべる」スタンプ作りに挑戦してみませんか?只今いじめ防止ライン(Line)スタンプも募集中です。

ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME いじめ体験談(実話) スマホ・ラインいじめ特集 いじめが惹き起こす悩み 運営者情報