悠々ホルン SOSソングライター

いじめの代弁者シンガーソングライター 悠々ホルン

このエントリーをはてなブックマークに追加

いじめの代弁者シンガーソングライター 悠々ホルン

子ども達の辛い想いを代弁しているシンガーソングライター。

10代の時に、不登校や自殺未遂に及ぶ。心に傷を抱える10代の女の子を中心に支持が広がり、これまでに6000通を超える応援・相談メッセージが全国から手紙やメールにて届いている。
その内容は、家庭不和、いじめ、虐待、不登校、ひきこもり、自傷行為、援助交際、病気、両親のDV・離婚、自殺願望など。

子ども達のSOSを音楽や動画を通して代弁する他、法務省、厚生労働省、学校、親の会など、あらゆる方面から声がかかり講演活動を各地で行っている。
朝日新聞やNHKなど、国内外の様々なメディアにて取り上げられてきた。

(代表曲:「おかえり」「私を嫌いなママ~リストカットの理由~」「15歳-不登校-」など)

 

 

プロフィール

 

悠々ホルン

 

千葉県出身のミュージシャン

 

家庭環境をキッカケに、小学生の時から精神的な孤立、自傷行為や自殺未遂に及ぶ。
その中で音楽を唯一の支えに生きてきた。

 

次第に自らも音楽を作るようになり、実体験をもとにした楽曲をネット上に公開したところ、彼が背負っていたものと同じ様な心の傷を持った全国の10代の女の子を中心に応援・相談メッセージがメールや手紙にて届くようになる。

 

その内容は家庭や学校での悩み、人間関係、いじめ、トラウマ 、虐待、不登校、ひきこもり、自傷行為、トランスジェンダー、援交、病気、自殺願望等、居場所の無い不安定な心で必死に生きている心の叫び。

 

これまで受けた相談の人数は300人を超え、その数は現在も増え続けている。

 

子ども達のSOSを音楽や動画で代弁し、悩める多くの子達の支えとなり、またその親御さん達に向けて子どもの本音を伝え親子関係の修復・傷付いた心を救う為に活動を行っている。

 

子どもの隠れた本音を理解してもらう為の動画コンテンツ子供科大人の教科書の制作、不登校生やその保護者に対する講演。

 

児童虐待問題解決に取り組む市民団体サークル・ダルメシアン岡田氏・垣内氏と共に安倍昭恵首相夫人との会合、発達障がいの理解を深める為のイベント企画。

 

かつしか区民大学の講師として単独認定講座「15歳のSOS~お子さんから手紙を預かっています~」、トーク&ライブ「声にならないSOS~少女が残した検索履歴~」を行う等、その活動の幅を広げている。

 

(子供科大人の教科書サイト内にて、相談とは別に体験談をお寄せ頂いています。ご覧下さい)

 

 

過去行った講演・イベント 一部

 

2014年2月9日 不登校生・保護者向け講演「次の一歩を踏み出す為に」
2014年12月13日 かつしか区民大学単位認定講座「15歳のSOS~お子さんから手紙を預かっています~」
2015年1月20日 いじめ・虐待防止フォーラムにて講演 子どものSOSについて
2015年3月22日 こども"ど真ん中"プロジェクト主催シンポジウム 講演
2015年6月21日 トーク&ライブ「声にならないSOS~少女が残した検索履歴~」ゲスト:NPO法人OVA代表Jiro ITO氏 後援:足立区教育委員会
2015年7月1日 法務省主催「立ち直りフォーラム」ゲストライブ出演
etc...

 

 

新聞への掲載

 

2014年12月26日発行 東都よみうり新聞に掲載
2015年4月9日発行 朝日新聞に掲載
2015年5月10日発行 朝日中高生新聞に掲載
2015年6月5日発行 足立よみうり新聞にイベント出演情報掲載
2015年6月12日発行 読売新聞(東京版)にイベント出演情報掲載
2015年7月3日発行 足立よみうり新聞に掲載説明

 

 

★悠々ホルンHP>>>http://u2-horun.com
★Twitter>>>@horun_musician
★mixi>>>http://mixi.jp/show_profile.pl?id=173...
★ameblo>>>http://ameblo.jp/u2-horun/

 

 

 

 

いじめ問題を真剣にお伝えしています。 解決の入り口の参考に…



いじめのない場所へ

走りだそう。



子供が自分に「自信」をつけることで、
イジメのない仲間達の中に入れます。


そして…

お母さんやお父さんは、
子供に「安心感」を与えてください。


緊急用としてそれがまず! 命を救うことになります。




このエントリーをはてなブックマークに追加




このページの先頭へ戻る


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME いじめ体験談(実話) スマホ・ラインいじめ特集 いじめが惹き起こす悩み 運営者情報