親子で受けたいじめ体験談実話 子供をいじめから守る方法

いじめ小学生編

このエントリーをはてなブックマークに追加

いじめ 小学生編

「 お子様の御入学おめでとうございます! 」 小学校の入学式では、多くの方にそんな風に声を掛けられ、
夢と希望に満ちたスタートが始まったんだ… と感じました。
校門の前で記念写真を撮り、親も子供も緊張とウキウキした気持ちで、笑顔を作ったのを覚えています。

 

小学校入学式

 

子供達にとっても、親御さんにとっても、夢と希望のスタートが始まる小学校生活の始まり
楽しい6年間を子供が過ごすことを、願ってやまない親御さんはきっといない事でしょう…。

 

それでも…
もし?いじめがあったら…
そんな心配も浮かんでくる親御さんも多いのではないでしょうか?!
保育園や幼稚園などとはまた違った、初めての集団生活
きっと… 御家族でいじめの話題が一度や二度あったのではないでしょうか?

 

そんな時、お子さんに何と教えていますか?

 

ここでは、小学校生活でのいじめに関する出来事を、私達親子が実際に体験した実話を基に描いています。
小学校生活で経験した 「いじめ問題」 のなかでは、
「友達とのいじめ問題」、「先生とのいじめ問題」、「保護者とのいじめ問題」、「部活動でのいじめ問題」など… 
6年間で、たくさん色々な事が起こりました。

 

また、いじめで大切なことも学びました。

 

  • いじめ問題で答えが出ないのは、具体的に動いていないからです。
  • いじめで大切なのは、いじめの数ではなく、友人の質です。
  • 友人は、増やすだけでなく減らすことも大切です。
  • 未来が真っ暗なのは… そう見えるだけです。
  • 理解できないことに出合ったときこそ、休憩してください。
  • それは、心機一転 心を着替えるチャンスです。

 

ここでは…
親としていじめに関する出来事を、私なりに息子と解決してきた方法を書いたものです。
いじめにあっている子供を守りながらの対処方法は、とてもデリケートで繊細でした。

 

親であっても子供であっても、何度もあきらめかけたり、心が折れそうになりますが、
いじめ問題にぶつかったとき、「 いじめ問題 」 を共有するという形をとることで
皆さんも少しは、心が晴れるのではと思っています…。

 

 

次ページを読む≫

 

少しずつ、部活の体制が変わりつつある状況ではありましたが、PTA会長の奥さん(コーチ)や以前の顧問の指導者によって、子供達の心理面は、「 強ければ良いという考え方 」 が強く影響していましたので、新し...
続きを読む≫ 2016/05/19 12:44:19
骨折
部活に遅刻して来たり、欠席などをした子を記入するノートがあるのですが、それを見ると…1週間位前からあのPTA会長の奥さん(コーチ)の息子が、疲労骨折していることがわかりました。実話⑫ 心のプロジェクト...
続きを読む≫ 2016/05/18 10:59:18
6年生になり、あの顧問の先生は退職となり、上級生保護者の方達も子供の卒業と同時にいなくなり、2つの問題が解決しました。残るは、あのPTA会長の奥さん(コーチ)の問題だけでした…。新しい顧問の先生と新し...
続きを読む≫ 2016/05/18 10:40:18
手をつなぐ
子供をいじめから守る方法は、ズバリ言うと子供の心に自信または安心感を持たせることが早道です。実際に、親子でいじめられているウチの例をとってお話ししたいと思います…子供に自信または安心感を持たせるために...
続きを読む≫ 2016/04/18 09:04:18
木で作られた小刀
そんなある日…K 君が刃物を隠し持っていることが判明。刃物自体は木で作られた小刀でしたが、その小刀によって、ある生徒が脅され泣いていたのを目撃した子がいました。「 あのね、今日学校で聞いたんだけど… ...
続きを読む≫ 2016/04/12 14:48:12

いじめ問題を真剣にお伝えしています。 解決の入り口の参考に…



いじめのない場所へ走りだそう。

子供が自分に自信をつけることで、 イジメのない仲間達の中に入れます。

そのお手伝いとして、次の方法をご紹介します。


勉強で自信を持つ方法!

スポーツで自信を持つ方法!




このエントリーをはてなブックマークに追加



このページの先頭へ戻る


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME いじめ体験談(実話) スマホ・ラインいじめ特集 いじめが惹き起こす悩み 運営者情報