親子で受けたいじめ体験談実話 子供をいじめから守る方法

いじめ実話体験談①「まずは自信または安心感と予防策」

このエントリーをはてなブックマークに追加

実話① まずは、子供の心に安心感を持たせ、先生には予防策をお願いする!

子供をいじめから守る方法は、ズバリ言うと子供の心に自信または安心感を持たせることが早道です。
実際に、親子でいじめられているウチの例をとってお話ししたいと思います…

 

手をつなぐ

 

子供に自信または安心感を持たせるためには、まずはいじめにあっても頑張れる心耐えられる心が必要です。

 

その準備を、まずはしましょう。

 

最初に私がした事それは…
ウチは離婚しているのですが…、まず子供に私が離婚に至った経緯を正直に話し、私達親子の家庭は普通の家庭とは違う事、皆とは違ってシングルマザーの子供であるという事を、子供に理解してもらうことからスタートしました。
世間一般的にはシングルマザーの子供はどの様に見られているのか…
そして、これから学校でいじめが起きたときの話もしておきます。

 

母が離婚という選択をしたのは、「離婚したほうが今より幸せになれるから」
「離婚した方が離婚しないよりも、私とあなたが幸せになれるから」と話しました。
そして、「離婚をするということは、決して悪いことではない」ということを話しました。
ただお金の面では、貧乏で「ごめんね…」と…。

 

シングルマザーの子供という事を理解したうえで、
次に話したのは、
「でもがっがりしなくていいんだよ!」と伝えます。
「あなたと同じようにお父さんがいない子供は、他にもいっぱいいるんだよ」と話します。

 

自分だけじゃないという事に気づいてもらうことと…
どういう理由にせよ母が離婚して、
あなたからお父さんという存在を無くしてしまったことを本気で謝罪します。

 

 

思い返せば…
初めてお父さんについて疑問を抱き、私に聞いてきた年齢は、まだ幼い4歳の時でした。
「パパ… パパ…」あの場面を今でも思い出すと悲しみが蘇えってきます…

 

きっかけは保育園の運動会で、他の子が父親に肩車をされているのを見て
私にも同じように肩車をしてと、せがまれたときでした。
それから息子のなかで、お父さんに関する疑問が芽生えてきたようです。
息子は小学校に入学する頃には、「僕にはお父さんがいない」という事をわかっていました。

 

息子からお父さんについて質問されたときは、ちょうど小学校に入ったばかりの頃です。
この様なお父さんに関しての話をしたのは全て、子供側から質問されたときでした。
いつか来るだろうと思って準備はしていましたが、年齢が幼くてもその年齢に合った伝え方で
先に述べた事を愛情を込めて話してあげて下さい。
正直… こんなにも年齢が幼くても聞いてくるというのは意外でしたが…
どちらかというと親から話すよりも、子供が聞いてきた時に話してあげるのが自然なその子の時期だと思います。

 

そして息子には、もしこれから学校で嫌な事を言われたり、されたりしたら絶対にお母さんに話してね!
「あなたをまもるから…」と言っておきます。

 

この段階で、子供の心には安心感が生まれます。
そして親子で「いじめ」に対する心の準備も整いますので、安心して小学校生活をスタートする事ができます。何も知らずに小学校生活をスタートして、いじめに合うよりも安心です。

 

予防策

 

次に学校への予防策をとります。
担任の先生へいじめが起きたときの家庭の事情を話し、対処をお願いしておきます。

 

ウチの場合は小学校一年生の時、いじめが起きるかどうか様子をみました。
すると、髪の毛を切られるという事態が起こりました。
その時の担任の先生は1年で退職となってしまった為、自分達親子の事については、あえて詳しい話はしませんでした。

 

子供が小学校2年生になって靴事件が起きたとき、担任になった先生に私達親子の事について詳しく話しました。

 

※ 先生に打ち明ける際には、約束ごとをかわしましょう!

  • 基本は、学校でいじめが起きた場合には正しい判断をして子供を導いてほしいという事を伝えます。
  • もし、先生が退職又は異動、クラス替えなどで担任を外れた場合でも、学校内に居るならば引き続き見守ってくれる事と、学校からいなくなった場合には違う先生に引き継いでもらうという約束を交しました。
  •  

    ※ できれば、小学校6年間同じ学校にいてくれる先生がベストなんですが、なかなかそうもいきませんの…

 

先生へ話した内容

 

私達親子の事情環境子供の性格などを打ち明けました。
そして、何故ウチの子がいじめられているのかを…?

 

家庭環境: シングルマザー親子
離婚調停: 勝訴
経済面  : 貧乏
町内環境: 元夫の姉の家が学校のすぐ傍にあり、離婚後何十年も親子で嫌がらせを受け続けて
        いる事 (水をかけられたことも…)
        また、その姉が原因で町全体に様々な虚偽の噂話をされ、
        その事が原因で言われのない事が頻繁に起こり困っている事…

 

<子供の性格について>
・無理に押し通すことはしない
・優しすぎる
・人に譲る
・前へ前へと出ていくことはしない
・恥ずかしがり屋
・読書が好き
・生き物が好き
・周りをよく観ている
・お父さんがいないということを話している事

 

こういった内容を先生へ事情を話し、対処していただきました。

 

 

ある日…
学校に、近所の方から通報があったという話を先生からされました。
内容は、ウチの息子が友達の上に馬乗りになり、殴るなどの暴力をふるっていたという通報でした。

 

「お母さん。実は、こんな電話が学校へあったんですが…」

 

「一緒に帰っていた友達に事実確認をしたところ…
そのような事実は無いという事がわかり
それで、ご報告が遅れました。」

 

 

「息子さんの担任になって、私も分かったんですが、
なんかおかしいんじゃないかって…
息子さんの性格上、そのような子には見えないとは思っていたんですよ…」

 

 

「そうですか…」
「先生、先ほどの事情の通り、
元夫の姉の噂話を信じてしまっている近所の人達からも
心無い嫌がらせを受けている状態です。」

 

「 これから学校で息子や私に関する
身に覚えの無い噂話が起きる可能性が充分ありますので、
今回のように電話や噂話があったときは
すぐに鵜呑みにせずに、
必ず、息子や私に事実確認をして戴けませんか? 」

 

「宜しくお願い致します」 と切実にお願いしました。

 

 

「わかりました。」

 

 

このように学校の先生へ事情を話し、予防を張るのは必須です。

 

実際に、この方法で子供を守る方法を取ったことで私達親子は先生という味方を持った事で、
安心感に繋がりました。
子供の気持ちも安心したようでした。

 


 

前ページを読む | 次ページを読む

 

 


注目記事

皆さんの子供がいじめに
いじめに気付いたら(やや長文)

 

いじめ問題を真剣にお伝えしています。 解決の入り口の参考に…



いじめの知識 ・ 技術そしてコツをお教えします!



このエントリーをはてなブックマークに追加



このページの先頭へ戻る

いじめ実話体験談①「まずは自信または安心感と予防策」関連ページ

いじめ実話体験談②「髪切り事件が発生…」
いじめ体験談を通して子供をいじめから守る方法をお伝えしています。あれが(いじめ)始まったのは、そう…小学校1年生の頃からでした。しかし、今思えばそれ保育園の頃から始まっていたのです…
いじめ実話体験談③「まさか大人の仕業だとは…」
いじめ体験談を通して子供をいじめから守る方法をお伝えしています。2学期が終わり、終業式から帰ってきた息子の持ち物を整理して外靴を洗っているとき、すすぎの段階に入り、ギュッギュッと押し洗いをしていると外靴のヒール(HEEL)(踵部分)部分のプラスチックのロゴ部分が飛び出してきました。
いじめ実話体験談④「部活の帰りにそれは起こりました…」
いじめ体験談を通して子供をいじめから守る方法をお伝えしています。4年生になり、部活動に入部しなくてはなりません。うちの子はバスケ部に入部したのですが、その年の新人の4年生は、たまたま問題児が多く波乱の幕開けとなりました。
いじめ実話体験談⑤「緊急の保護者会が開かれましたが…」
いじめ体験談を通して子供をいじめから守る方法をお伝えしています。そのコーチを通し4学年主任の先生に相談をし、部活の体制を変えるという方法を試みました。ちょうどその頃、夏休みが終わったばかりでほとんどの子が夏休みの課題をやってきていないという事実が発覚しました。
いじめ実話体験談⑥「保護者会後日、話し合い…」
いじめ体験談を通して子供をいじめから守る方法をお伝えしています。
いじめ実話体験談⑦「消えたコーチ… 消えた先生…」
いじめ体験談を通して子供をいじめから守る方法をお伝えしています。保護者会から数か月後、そのコーチが辞職するという噂が…私がそのコーチに確認をとるとPTA会長の奥さんにこう、言われたそうです。「いつまでいるんですか?辞めてもいいんですよ!」「自分の子供もいないのに…」「あなたの教え方じゃ勝てませんし、体で教える事は無理ですよね…」と…
いじめ実話体験談⑧「まさか部活の顧問の先生が担任に…」
いじめ体験談を通して子供をいじめから守る方法をお伝えしています。5年生へ進級と共に、先生方も総入れ替えでスタートしあってはならないことが起こりました。あの部活の顧問の先生兼生徒指導主任が、リーダー的存在の問題児であるK君のクラスの担任をすることになったのです。
いじめ実話体験談⑨「保護者からのいじめが発生…」
いじめ体験談を通して子供をいじめから守る方法をお伝えしています。相変わらず部活の体制は変わらず、勝つことだけに闘志をむき出しにしている一部の保護者達が、傍若無人になっていきました。ある日、私の携帯に電話が掛かってきました。「○○ですけど…」
いじめ実話体験談⑩「コーチからのいじめが発生…」
いじめ体験談を通して子供をいじめから守る方法をお伝えしています。一部の保護者からのいじめが発生し始めてから、今度はコーチからのいじめも加わるようになってきました。今までとは違って、親子共々露骨にいじめられるように…
いじめ実話体験談⑪「先生からのいじめが発生…」
いじめ体験談を通して子供をいじめから守る方法をお伝えしています。そして、先生からのいじめも…顧問の先生は、部活の先生の他に生徒指導主任という立場の人なのですが…初めのうちは、顧問の先生もコーチとはあまり仲が良くなく上手くいっていませんでしたが、コーチの強い態度に押される形になり今では主導権は全部コーチに。
いじめ実話体験談⑫「心のプロジェクト作戦…」
いじめ体験談を通して子供をいじめから守る方法をお伝えしています。このように、今も先生やコーチからのいじめや嫌がらせは続いています。普段の部活での練習の時には、同じ学年の仲間達とは練習できずに離されて、下級生達グループの中で練習するようになり仲間はずれ状態に。
いじめ実話体験談⑬「異動した先生からの励まし…」
いじめ体験談を通して子供をいじめから守る方法をお伝えしています。以前、PTA会長の息子の担任であり異動になった先生が、異動先の学校で同じバスケ部の顧問となり、対戦相手として、再会する様になりました。
いじめ実話体験談⑭「インフルエンザ流行の影響で新人戦が…」
いじめ体験談を通して子供をいじめから守る方法をお伝えしています。「新人戦」という大きな大会が行われました。6年生の生徒が引退し、新6年生となる5年生がメインとなる初めての大きな大会です。5年生達や息子にとっても2年間の努力が報われる大会でもあり、ようやく新6年生が活躍できる場でもあります。
いじめ実話体験談⑮「刃物所持事件が発生…」
いじめ体験談を通して子供をいじめから守る方法をお伝えしています。そんなある日、K君が刃物を隠し持っていることが判明。刃物自体は木で削られ作られた小刀でした。しかしその小刀によってある生徒が脅され泣いていたのを目撃した子がいました。「あのね、今日学校で聞いたんだけど…
いじめ実話体験談⑯「コーチ講習料…」
いじめ体験談を通して子供をいじめから守る方法をお伝えしています。私達保護者達には、メールで頻繁に連絡事項が入ります。 その日もいつものようにメールが… ブーブーブー(携帯)「連絡です!保護者会費から、コーチに、講習料を払う事になりました…」「2人で ¥○○円です!」」 承諾無しの一方的なメール内容でした…
いじめ実話体験談⑰「6年生を送る会不参加!でも会費徴収…」
いじめ体験談を通して子供をいじめから守る方法をお伝えしています。部活での「6年生を送る会」の時期がやってきました。食事に関する料金を徴収するという内容のお手紙でしたが、何故か不参加でも徴収しますと…
いじめ実話体験談⑱「お店から通報事件…」
いじめ体験談を通して子供をいじめから守る方法をお伝えしています。ある日、お店から学校の職員室に通報の電話が入りました。K君達、何人かがWi-FIがあるフリースポット店にたむろし、何時間も店の床に座り 3DSをしているので、お店から「迷惑です…」という電話でした。
いじめ実話体験談⑲「近隣住民宅から苦情の電話…」
いじめ体験談を通して子供をいじめから守る方法をお伝えしています。近所の住民から体育館での児童の声がうるさすぎると… 学校に苦情の電話が入りました。学校長の対策は児童の健康優先ではなく、意外なものでした…
いじめ実話体験談⑳「担任の先生へ相談…」
いじめ体験談を通して子供をいじめから守る方法をお伝えしています。いじめが起きたとき、学校関係者である先生に、いじめがあった事実を知らせる必要があります。それは後々になって、いじめの事実は無かったと、させないためです。
いじめ実話体験談㉑「新しい顧問の先生と新しいコーチ…」
いじめ体験談を通して子供をいじめから守る方法をお伝えしています。新しい顧問の先生と新しいコーチが就任したことで状況が変わり、2つの問題が解決しました。残る問題に対しての処置として部活内での法案を作り、それに従わせるという試みを実施しました。
いじめ実話体験談㉒「疲労骨折!プロジェクトが現実に…」
いじめ体験談を通して子供をいじめから守る方法をお伝えしています。心のプロジェクトの講話が現実になりました。ただ… 疲労骨折をした子はなんと、あのPTA会長の奥さん(コーチ)の息子でした。
いじめ実話体験談㉓「下級生からのいじめが発生…」
いじめ体験談を通して子供をいじめから守る方法をお伝えしています。間違った概念を教えられた事で、息子への下級生からのいじめが発生しました。その対処法を実話を基にお話しています。

ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME いじめ体験談(実話) スマホ・ラインいじめ特集 いじめが惹き起こす悩み 運営者情報