子供の引きこもり

子供が引きこもりになってしまったら

このエントリーをはてなブックマークに追加

子供が引きこもりになったら

子供が引きこもりになってしまったら…
あなたのお子様の年齢は何歳ですか?
引きこもりの年齢によって対処の方法も違ってきますが、共通して言えるのがひきこもりの子は、
「親を信じていない!」という事です。

 

小学生の子供がいじめが原因で引きこもりになった場合は、まだまだ精神的な部分が未熟ですので、デリケートに扱わなくてはなりません。
その子が興味を示すものをまず知る事です!

 

 

ウチの場合は、イマドキの子供なのでゲームでした。
最初のとっかかりは、ゲームならゲームでもいいんですよ。
最初にきっかけを作ってから、徐々に要求を聞いていきます。

 

しかし時には突然、「えっ? それはちょっと無理かな…」というような事も必ずあります。
これは、無理な事でも聞いてくれるかどうか、親を確かめているということでも実はあるんです。
ですので、最初のうちは、出来れば受け入れてあげてください。

 

そして、会話が続くようになったら、
「それは… それはちょっと無理かな…」と理由を添えて拒否していってください。
引きこもりの子供は、親を信じられないという事が、引きこもりを克服した、後の経験者に聞くと皆さんそう答えています。

 

ひきこもりの子は → 親を信じられない
実際引きこもりのお子さんを持つ親御さんならピン!とくるものがあるのではないでしょうか。
確かに私自身も体験してみて納得でした。

 

引きこもりの子 ⇒ 親を信じられない ⇒ 甘え・要求 ⇒ 確認・確かめ ⇒ 
安心・認め  ⇒ 改善
へという流れがピタッと来るかと思います。

 

もし、それでも駄目なときは、ひきこもり地域支援センターが全国に設置されています。
あまり、年齢の低いお子さんには勧めませんが、高校生や大学生などの年齢が高いお子さんをお持ちなら、考えてみても良いのではないでしょうか?

 

その年代の子供は、親の愛情がわかっていても素直に認める事が出来ず、その心情が邪魔をして上手くいかないことが多いです。
ここは、第3者が間に入った方が上手くいくケースもありますよ。

 

「全国ひきこもり地域支援センター」厚生労働省ホームページ などで相談に乗っています。


いじめ問題を真剣にお伝えしています。 解決の入り口の参考に…



いじめの知識 ・ 技術そしてコツをお教えします!



このエントリーをはてなブックマークに追加



このページの先頭へ戻る

子供が引きこもりになってしまったら関連ページ

引きこもりの原因は親の過干渉
子供の引きこもりの原因には様々な原因が考えられますが、いざ、子供が引きこもりになったとき、親の行動が悪化の原因を作っている場合があります。過保護と過干渉が子供の引きこもりを悪化してる場合も…

ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME いじめ体験談(実話) スマホ・ラインいじめ特集 いじめが惹き起こす悩み 運営者情報