いじめ被害者とグレーゾーン

いじめ被害者とグレーゾーンとの関係

このエントリーをはてなブックマークに追加

いじめ被害者とグレーゾーンの人達はなるべく関わらない方がいい

グレーゾーンの人達の人数が多いことによりいじめの被害者は、いじめの傾向をより著しくさせられる傾向に陥ります。

 

心理面でも被害を受けて、いじめの不安をより増殖させられてしまいます。

 

いじめを受けた時はなるべく事を早く解決したい気持ちにかられます。

 

 

私の経験上ですが、学校に報告する際は、決して他の子供達には内緒にしてもらうようにお願いしました。

 

この方が、起きた事実だけに集中して解決できます。

 

皆が知るところの状況になると余計な問題がどんどん増え、新たな問題なども発生したりして本来片付けなければならない優先順位が分からなくなるからです。

 

いじめ被害者の立場の人は、なるべくグレーゾーンの人達とは関わらないでいて下さい。
秘密にしていれば、関わる必要もありません。

 

そして、グレーゾーンの中に助けてくれる仲間を求めてはいけません。

 

よっぽど正義感が強く曲がったことが大嫌いで、自分を犠牲にしても人を助けるという信念の持ち主のような心ある人ではない限り、あなたを助ける事はないでしょう。

 

 

特定の友人とだけ秘密に今まで通り関係を保ち、学校の様子などを探れるように
関係を維持してくださいね。

 

その方が、自分も子供もいじめの被害を最小限にすることが出来ます。

 

 


注目記事

大人のいじめ!
大人のいじめ(女性特有)
いじめの被害者の自己防衛について

いじめ問題を真剣にお伝えしています。 解決の入り口の参考に…



いじめのない場所へ走りだそう。

子供が自分に自信をつけることで、 イジメのない仲間達の中に入れます。

そのお手伝いとして、次の方法をご紹介します。


勉強で自信を持つ方法!

体で自信を持つ方法!




このエントリーをはてなブックマークに追加



このページの先頭へ戻る

いじめ被害者とグレーゾーンとの関係関連ページ

イジメ加害者とグレーゾーン
イジメ加害者側のグレーゾーンの集団から、突如「良心」が芽生え思わぬ助っ人が現れる事があります。解決へと役立ちますので決して諦めないでください。

ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME いじめ体験談(実話) スマホ・ラインいじめ特集 いじめが惹き起こす悩み 運営者情報