まさか大人の仕業だとは | 子供をいじめから守る方法

いじめ実話体験談③「まさか大人の仕業だとは…」

このエントリーをはてなブックマークに追加

実話③ まさか大人の仕業だとは…

小学2年の2学期が終わり、靴事件が発生しました。

 

子供の靴

 

終業式から帰ってきた息子の持ち物を整理し、外靴を洗っていると…
すすぎの段階で、ギュッギュッと押し洗いをしたとき、

 

外靴のヒール(HEEL)(踵部分)部分のプラスチックのロゴ部分が、飛び出してきました。
よく見ると… 
カッターで三角の形に添って、切り込まれていました。

 

切られた靴
切られた靴
切られた靴
靴のかかと もともとはこんな感じ(こちらは右靴)

 

 

切られた靴 こちらは、3年生のときの靴です。見えづらいですが、
こちらもカッターで切られた跡です
切られた靴 こんな風に…

 

さっそく息子に学校での友達関係の事を聞くと
「べつにイジメられていないし、心当たりはないよ…」とのこと…

 

たまたま終業式だったこともあり、明日からは冬休みに入ります。
このまま何も知らせずに休みに入ってしまっていいものか…

 

ウチはシングルマザーの為、夫婦で相談するという事は出来ません。
警察である、兄に相談しました。

 

自分だけの観点から判断してもし、間違った方向に行ってしまったら…
との思いで…

 

相談すると…
兄は、学校に言うべきだと私に言いました。

 

「俺がみても、明らかにおかしいぞ…」
「この靴、切り口がカッターで切られてるし、2年生の子供が出来る仕業じゃないぞ…

 

私もその点については、兄と同じ考えでした。
もし、子供ではなく大人の仕業だったら…
と考えると… 

 

そんな事が可能なのかと…

 

大人が…
先生?

 

いや…
保護者?

 

まさか… 
まさか大人がそんな事するはずない…

 

 

証拠品となる靴を持参し、学校へ電話連絡の上、先生の見解を待ちました。
靴は、先生から見ても子供がやったようには見えないとの事!

 

もしも… 靴に切り込みをいれた段階の時点で…
ヘタをしたら、ケガをするであろうと思うくらい密に切られていましたし…
学校で出入りが激しい中、誰もいない時間帯にできるのは…

 

「もしかして…」
ふと…
先生に思い浮かんだ事があったようでした…

 

「しかしまさか…」

 

先生には思う事があるらしく、ハッキリとした事は言えないという雰囲気でした…

 

「校長先生に報告してもいいですか?」

 

「はい! もちろんです。お願いします。」

 

 

そして後日、学校から電話連絡があり
先生がこの靴のメーカーに、個人的に問い合わせをしたそうです。
メーカーの話によると…

 

「 有りえない事ですが…
もしかしたら…
冬場の時期に寒さでプラスチック(ヒール・踵)部分が割れた可能性もあります 」 と…

 

 

私はその話を聞き、それは絶対違う!
と感じました。
鑑識官ではないですが、割れた跡のような切れ方には見えないですし
その可能性は無い!と…

 

何か学校側で、この件に関してはあまり大げさにしたくはない…
その様な雰囲気が電話口から伝わって来ました…。

 

靴のメーカーに問い合わせをすることで、今回の件を一件落着にしたかったのでは?とも感じました。

 

 

しかし…
もしも大人が絡んでいるとしたら…
うちの子のこの先が、心配でなりませんでした。

 

 

「 この先安心して学校に通わせる気持ちにはならない! 」 
「 万が一の事が起きたら、どうするんですか? 」 と… 訴えました。

 

 

私の話を、先生も分かっている様子で聞いていました。

 

「 実は…… 」
「 監視カメラに映っている可能性があります。」
「 ただ… 調べるとなると大変な時間と労力が…」

 

「大丈夫です。学校の許可がおりるなら、私が調べます。」

 

「ただ… 録画されたものは○○日分しか残っていないんですよ…」
「つまり… どんどん上書きされていく形になっていますので… 」

 

「ですので… 犯人がその○○日間の間に映っていれば分かるのですが」
そうではない違う日だと…
映ってない事になります…。」

 

 

私が最初に学校に報告し知らせた日から、すでに○○日を過ぎていました…
結局、監視カメラで私は調べる事は出来ませんでした。
そして…、今度同じような事が起きたその時は報告してくださいとの事で終わりました。

 

それからは、息子の持ち物類が狙われはじめました。
廊下に掛けているジャンバーやコートなど、プールの下足箱に置いてあった靴など
同じように色んな物にいたずらされ、傷つけられていきました。

 

しかし、その場所は皆、監視カメラに写る場所ではない為、報告のみで終わっていました。
先生方にはもちろん、その後の学校生活で息子が危険な目に合わない様に、目を配ってはくれてはいました。

 

 

靴への対処方法

 

その後、私が考えた子供の持ち物(靴)への対処方法ですが…

 

靴の中に入る位の大きさの小さな紙に
「くつにいたずらをしないでください!」
と書いたメモを靴に忍ばせます。

 

 

朝、息子が登校して下駄箱で中靴に履き替えたら、今度はメモ紙は外靴の中に入れ替えます。
下校時にはその逆で、中靴にメモ書きを入れて帰宅します。

 

これを毎日交互に繰り返し、靴に入れてあるメモを犯人が見るのを前提で行います。

 

紙の入れ方ですが、子供が他の友達に
「 これなに?」 と… 
気づかれるのが嫌だというので、
紙は二つ折りにして入れました。
(このように… 子供の気持ちを配慮した、ちょっとしたことが大事なんです。)

 

そして、毎日靴の状態を確認し、何時やられたのかを把握しておきます。

 

メモ書きをしていても、引き続き靴にいたずらされた場合は、
「あなたがやっていることは分かっていますよ!」
と、今度はこの内容に書き替えたメモ紙を入れて置きます。

 

それでもまだ続く場合は
「あなたが犯人だってことが、カメラに映っていますよ!」

と、書いてみて下さい。

 

ウチは、この方法で靴へのいたずらは無くなりました。

 

 

ポイントととしては、メモ紙は必ず最初はひらがなで全部書いて下さい。
これはお分かりになる通り、犯人が子供なのか、大人なのかを特定するための作戦です。

 

もし、万が一大人の仕業であっても
その犯人の子供が自宅に帰り、メモ紙の内容を親に話す事を前提にしているからです。

 

共犯の場合、子供から聞いた話で、犯人(親)が次にどう動くかが予測できます。
いたずらが続くという事は、大人の可能性が高くなります。

 

その場合、2度目からのメモ紙は漢字で書いて下さい。
「あなたがやっていることは分かっていますよ!」と。
(このように、ちょっとした漢字の変化が大事なんです。)

 

 

息子への靴へのいたずらが続いた事と、毎日靴の状態を確認したことで、
犯人をカメラで捉えることができました。
犯人は、同学年の保護者でした。
しかも…
同じ保育園に通っていた人でした…。

 

 

学校側の要望で、警察ざたにはしないでほしい…
という希望もあり…

 

私は、
この証拠となる、重要なカメラ映像を自宅で保管しているのですが、
この先必要な時に、この映像を警察へ提出できるようにしています。

 

何故なら…
警察である兄のアドバイスもあり、前科歴のある者は、
「 必ずまた罪を繰り返す! 」 ということでした。

 

前科というものが付くという事は、その人物が過去に罪を犯していて、
更に反省の念が無く、
罪をまた、何年後かに繰り返す可能性がある人物にだけ、
前科というものが与えられるということでした。

 

また、保育園から一緒で、今後小・中学校もしくは高校まで一緒になる可能性を考えて、
証拠映像はいつでも提出でるように、保管しています。

 

 

 

その後、学校生活での息子への意地悪やいたずらなどをする子はいないか、度々様子を聞いていました、
「大丈夫?何もない…」と…

 

 

後々、この言葉を信じた親としての私が悪かったのかと…
悔やむことになりました。

 

前ページを読む | 次ページを読む

 

 


注目記事

「大人のいじめ」子供にどう説明?
【いじめ】経験者が大人になったら。
「いじめ」って大人の社会にあるから子供が真似してるんだとおもいます そんな...

いじめ問題を真剣にお伝えしています。 解決の入り口の参考に…



いじめのない場所へ走りだそう。

子供が自分に自信をつけることで、 イジメのない仲間達の中に入れます。

そのお手伝いとして、次の方法をご紹介します。


勉強で自信を持つ方法!

体で自信を持つ方法!




このエントリーをはてなブックマークに追加



このページの先頭へ戻る

いじめ実話体験談③「まさか大人の仕業だとは…」関連ページ

いじめ実話体験談①「まずは自信または安心感と予防策」
いじめ体験談を通して子供をいじめから守る方法をお伝えしています。子供をいじめから守るには、まずは、いじめにあっても耐えられる心と頑張れる心が必要です。そのために必要な準備をしましょう。
いじめ実話体験談②「髪切り事件が発生…」
いじめ体験談を通して子供をいじめから守る方法をお伝えしています。あれが(いじめ)始まったのは、そう…小学校1年生の頃からでした。しかし、今思えばそれ保育園の頃から始まっていたのです…
いじめ実話体験談④「部活の帰りにそれは起こりました…」
いじめ体験談を通して子供をいじめから守る方法をお伝えしています。4年生になり、部活動に入部しなくてはなりません。うちの子はバスケ部に入部したのですが、その年の新人の4年生は、たまたま問題児が多く波乱の幕開けとなりました。
いじめ実話体験談⑤「緊急の保護者会が開かれましたが…」
いじめ体験談を通して子供をいじめから守る方法をお伝えしています。そのコーチを通し4学年主任の先生に相談をし、部活の体制を変えるという方法を試みました。ちょうどその頃、夏休みが終わったばかりでほとんどの子が夏休みの課題をやってきていないという事実が発覚しました。
いじめ実話体験談⑥「保護者会後日、話し合い…」
いじめ体験談を通して子供をいじめから守る方法をお伝えしています。
いじめ実話体験談⑦「消えたコーチ… 消えた先生…」
いじめ体験談を通して子供をいじめから守る方法をお伝えしています。保護者会から数か月後、そのコーチが辞職するという噂が…私がそのコーチに確認をとるとPTA会長の奥さんにこう、言われたそうです。「いつまでいるんですか?辞めてもいいんですよ!」「自分の子供もいないのに…」「あなたの教え方じゃ勝てませんし、体で教える事は無理ですよね…」と…
いじめ実話体験談⑧「まさか部活の顧問の先生が担任に…」
いじめ体験談を通して子供をいじめから守る方法をお伝えしています。5年生へ進級と共に、先生方も総入れ替えでスタートしあってはならないことが起こりました。あの部活の顧問の先生兼生徒指導主任が、リーダー的存在の問題児であるK君のクラスの担任をすることになったのです。
いじめ実話体験談⑨「保護者からのいじめが発生…」
いじめ体験談を通して子供をいじめから守る方法をお伝えしています。相変わらず部活の体制は変わらず、勝つことだけに闘志をむき出しにしている一部の保護者達が、傍若無人になっていきました。ある日、私の携帯に電話が掛かってきました。「○○ですけど…」
いじめ実話体験談⑩「コーチからのいじめが発生…」
いじめ体験談を通して子供をいじめから守る方法をお伝えしています。一部の保護者からのいじめが発生し始めてから、今度はコーチからのいじめも加わるようになってきました。今までとは違って、親子共々露骨にいじめられるように…
いじめ実話体験談⑪「先生からのいじめが発生…」
いじめ体験談を通して子供をいじめから守る方法をお伝えしています。そして、先生からのいじめも…顧問の先生は、部活の先生の他に生徒指導主任という立場の人なのですが…初めのうちは、顧問の先生もコーチとはあまり仲が良くなく上手くいっていませんでしたが、コーチの強い態度に押される形になり今では主導権は全部コーチに。
いじめ実話体験談⑫「心のプロジェクト作戦…」
いじめ体験談を通して子供をいじめから守る方法をお伝えしています。このように、今も先生やコーチからのいじめや嫌がらせは続いています。普段の部活での練習の時には、同じ学年の仲間達とは練習できずに離されて、下級生達グループの中で練習するようになり仲間はずれ状態に。
いじめ実話体験談⑬「異動した先生からの励まし…」
いじめ体験談を通して子供をいじめから守る方法をお伝えしています。以前、PTA会長の息子の担任であり異動になった先生が、異動先の学校で同じバスケ部の顧問となり、対戦相手として、再会する様になりました。
いじめ実話体験談⑭「インフルエンザ流行の影響で新人戦が…」
いじめ体験談を通して子供をいじめから守る方法をお伝えしています。「新人戦」という大きな大会が行われました。6年生の生徒が引退し、新6年生となる5年生がメインとなる初めての大きな大会です。5年生達や息子にとっても2年間の努力が報われる大会でもあり、ようやく新6年生が活躍できる場でもあります。
いじめ実話体験談⑮「刃物所持事件が発生…」
いじめ体験談を通して子供をいじめから守る方法をお伝えしています。そんなある日、K君が刃物を隠し持っていることが判明。刃物自体は木で削られ作られた小刀でした。しかしその小刀によってある生徒が脅され泣いていたのを目撃した子がいました。「あのね、今日学校で聞いたんだけど…
いじめ実話体験談⑯「コーチ講習料…」
いじめ体験談を通して子供をいじめから守る方法をお伝えしています。私達保護者達には、メールで頻繁に連絡事項が入ります。 その日もいつものようにメールが… ブーブーブー(携帯)「連絡です!保護者会費から、コーチに、講習料を払う事になりました…」「2人で ¥○○円です!」」 承諾無しの一方的なメール内容でした…
いじめ実話体験談⑰「6年生を送る会不参加!でも会費徴収…」
いじめ体験談を通して子供をいじめから守る方法をお伝えしています。部活での「6年生を送る会」の時期がやってきました。食事に関する料金を徴収するという内容のお手紙でしたが、何故か不参加でも徴収しますと…
いじめ実話体験談⑱「お店から通報事件…」
いじめ体験談を通して子供をいじめから守る方法をお伝えしています。ある日、お店から学校の職員室に通報の電話が入りました。K君達、何人かがWi-FIがあるフリースポット店にたむろし、何時間も店の床に座り 3DSをしているので、お店から「迷惑です…」という電話でした。
いじめ実話体験談⑲「近隣住民宅から苦情の電話…」
いじめ体験談を通して子供をいじめから守る方法をお伝えしています。近所の住民から体育館での児童の声がうるさすぎると… 学校に苦情の電話が入りました。学校長の対策は児童の健康優先ではなく、意外なものでした…
いじめ実話体験談⑳「担任の先生へ相談…」
いじめ体験談を通して子供をいじめから守る方法をお伝えしています。いじめが起きたとき、学校関係者である先生に、いじめがあった事実を知らせる必要があります。それは後々になって、いじめの事実は無かったと、させないためです。
いじめ実話体験談㉑「新しい顧問の先生と新しいコーチ…」
いじめ体験談を通して子供をいじめから守る方法をお伝えしています。新しい顧問の先生と新しいコーチが就任したことで状況が変わり、2つの問題が解決しました。残る問題に対しての処置として部活内での法案を作り、それに従わせるという試みを実施しました。
いじめ実話体験談㉒「疲労骨折!プロジェクトが現実に…」
いじめ体験談を通して子供をいじめから守る方法をお伝えしています。心のプロジェクトの講話が現実になりました。ただ… 疲労骨折をした子はなんと、あのPTA会長の奥さん(コーチ)の息子でした。
いじめ実話体験談㉓「下級生からのいじめが発生…」
いじめ体験談を通して子供をいじめから守る方法をお伝えしています。間違った概念を教えられた事で、息子への下級生からのいじめが発生しました。その対処法を実話を基にお話しています。

ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME いじめ体験談(実話) スマホ・ラインいじめ特集 いじめが惹き起こす悩み 運営者情報