いじめにおけるグレーゾーン=中立の立場の人達

いじめにおけるグレーゾーン=中立の立場について

このエントリーをはてなブックマークに追加

グレーゾーン=中立の立場の集団はいじめる側に属してしまう事に気づいて

実際にいじめを受けた事がある私達親子も、グレーゾーンの人達には相当悩まされました。
一般には、グレーゾーンの人達は観衆や傍観者となり、離れた位置から関わりをもたないようにして見ているのですが…

 

その集団の集まりこそが知らず知らずのうちにいじめる側に属してしまっているのです。
その中でも悪意をもった考え方をするグレーゾーンの人達がいます。

 

 

いじめが起きたとき、いじめられる子いじめる子はやし立てる子見て見ぬふりする子と構図が出来ていくのですが、この中で人数的にも一番多いのがグレーゾーンの位置にいる人達になります。
観衆と傍観者に位置する人達です。

 

いじめの構造図
からもわかるように、これは大人・子供関係なく社会的に存在します。

 

 

いじめる子の他に、そのグレーゾーンの位置にいる人達が「いじめる側に」属してしまう事に気づいてほしいのです。

 

そしてその事を分かっていながら、そのグレーゾーンに属している悪意のある人達からは、自分と子供を守らなければなりません。
ほとんどの人は、自分が的にされ次に自分がいじめられるのが嫌だからとグレーゾーンに属している人達が多い事でしょう。

 

その中で、「イジメをおもしろおかしく捉えている悪意のある人達」
ズバリ → はやし立てる人達です。

 

大人の世界でもよくある光景ですね。ヤジを飛ばしたり、陰でひそひそと話をする人などがそれにあたります。

 

この人数的にも多いグレーゾーンに、はやしたてる人達が加わると大きな力となって負の連鎖がおきてしまうのです。

 

全ては、自分が的にされたくないために、誰かを犠牲にしているのが原因です。


イジメ加害者の立場の人は、いじめる側ですから悪意のあるグレーゾーンの人達と手を組み、一緒になって増殖する可能性が強いです。イジメの加害者は、ほとんどの人が自分は悪いとは思っていません。グレーゾーンの中...
続きを読む≫ 2015/01/08 20:11:08
グレーゾーンの人達の人数が多いことによりいじめの被害者は、いじめの傾向をより著しくさせられる傾向に陥ります。心理面でも被害を受けて、いじめの不安をより増殖させられてしまいます。いじめを受けた時はなるべ...
続きを読む≫ 2015/01/07 09:39:07

いじめ問題を真剣にお伝えしています。 解決の入り口の参考に…



いじめのない場所へ走りだそう。

子供が自分に自信をつけることで、 イジメのない仲間達の中に入れます。

そのお手伝いとして、次の方法をご紹介します。


勉強で自信を持つ方法!

スポーツで自信を持つ方法!




このエントリーをはてなブックマークに追加



このページの先頭へ戻る


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME いじめ体験談(実話) スマホ・ラインいじめ特集 いじめが惹き起こす悩み 運営者情報