スマホの危険性を子供が疑似体験で学ぶ!

スマホの危険性を子供に疑似体験で学ばせて被害を防ぐ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

スマホの危険性を疑似体験できるアプリで実際に起きた被害事例を学ぶ!

疑似体験

子供にスマホの危険性を教えるために、無料でスマホの危険性を疑似体験できるアプリがあります。

 

このスマホを使った疑似体験アプリは、デジタルアーツ株式会社という官公庁や学校教育関係者達がよく利用されていて、インターネットのセキュリティ関連ソフトを
企画 ・ 開発 ・ 販売に携わっている会社です。

 

疑似体験アプリを無料でスマホにダウンロードし、スマホの危険性を疑似体験しながら実際に起きた被害事例を子供が学んでいくというアプリです。

 

疑似体験アプリには、ストーリーがいくつかあるのですが、実際に起きた被害事例を基にシナリオが作られており、この疑似体験アプリを使用して子供達にスマホの危険性を学ばせることで、スマホの危険性をより現実的に伝える事ができるようになっています。

 

出会い系被害 スマホいじめ被害

 

例えば、もっとも事件性が強い 「スマホいじめ被害」や「出会い系被害」はとても危険です。
実際に起きた「スマホいじめ」被害の事例を基に、現役大学生がシナリオ化して収録しています。
その他にも 「スマホ依存被害」 「高額請求被害」 「個人情報漏えい」…などのシナリオもスマホで疑似体験できるようになっています。

 

また…SNSサービス(ツイッターやブログなど)の利用による犯罪にも合わないようにする疑似体験もあります。
実際、知らない間にツイッターやブログなどで、子供の写真や動画が載せられてしまい大勢の人に閲覧されてしまうという事件が起きています。

 

子供達の世界は、大人では理解できないことがどんどん増え、それが事件に繋がっていきます…。
何かあったらきっと親に相談してくれるはず…と思っていても現実は違います。
子供が置かれた周囲の環境によって、発言するのも阻まれてしまう環境です。
だまっていれば、巻き込まれなくて済む…など
間違った方向へ進みがちです。

 

犯罪の臭いがしたら、巻き込まれないために発言しなければならないのです。
親や誰かに話し、伝えて、助けを求める事!
そんな当たり前の事ができない子供たちが増えてきているのが心配で危険です。

 

子供の性格にもよります。
おとなしいタイプの子供や、犯人や加害者に脅されている環境の中では、言葉を発っする事ができないでしょう。
そんな事が起こりうる世の中ですので、事前に学ばせることも必要になってきます。

 

 

現実に起きた被害事例を事件に巻き込まれないように学ばせる「疑似体験アプリ」で、これから起こりえる可能性の子供達に分かりやすく伝えるために、教育現場である学校でもその他官公庁などでも取り上げられていて役立っています。

 

また、このアプリのシナリオをもちいた学習資料も無料で提供しているそうですので、教育現場でのスマホの危険性を学ぶ資料として利用したり、インターネットの安全な利用に関する啓発活動にも使用できるのは有り難いですね。
教育関係者・学校関係者の方必見です。

 

そして、子供達だけではなく、保護者がとるべき対策も収録されており、保護者に対してもわかりやすく解説しています。

 

保護者がとるべき対策も収録

 スマホ(スマートフォン)利用時の被害対策

 

 技術的な対策

 

 SNSサービスの利用にあたっての気を付ける点

 

 実際の被害事例に沿って説明

 

 おすすめ対策

 

 参考資料

 

   など…

 

子供と一緒に、ご覧になってみてください。
そのうえで、スマホ(スマートフォン)は持たせるけど、ルールを守って正しく使用してほしいという親の気持ちが子供に伝わればいいと思います。

 

その結果スマホの危険性を理解した子供が、少しでも危険な目に合わなければいいのですから…。
各家庭の個人での体験も可能という事ですので、是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

無料 「 疑似体験アプリ 」 の詳細

 


いじめ問題を真剣にお伝えしています。 解決の入り口の参考に…



いじめのない場所へ走りだそう。

子供が自分に自信をつけることで、 イジメのない仲間達の中に入れます。

そのお手伝いとして、次の方法をご紹介します。

自信を持つ!(スポーツ)

自信を持つ!(勉強)



このエントリーをはてなブックマークに追加



このページの先頭へ戻る

スマホの危険性を子供に疑似体験で学ばせて被害を防ぐ!関連ページ

スマホよりセキュリティ端末!
学校が携帯電話を禁止している場合、どうやって子供をいじめの犯罪から守ればいいのでしょう?それは、学校のルールを破ってこっそり子供にスマホを持たせるよりも、いじめの犯罪から守るために持ち歩ける、セキュリティ端末のほうが実用的で安心です!セキュリティ端末とは…
スマホ ・ ラインいじめの対処法に見守りアプリ!アナライザーが凄い!
今、スマホラインいじめの防犯対処法に見守りアプリツールが活躍しています。その名はアナライザー最近では、スマホの所持年齢が小学生になっていますよね…私の周りでも、だいたい多いのが小学4年生頃から持ってる子が多かったです。部活が始まる学年から急にスマホを持たせ始めている親が多く、子供が事件や事故に巻き込まれたときの為に使う見守りアプリ!アナライザーが凄いんです!
スマホ依存度チェック!
ここでは、スマホいじめなどのトラブルにあう危険性を簡単にチェックできる、「スマホ依存度チェック」が行えます。そして、さらに何タイプに陥りやすいのかも簡単にチェックできますのでやってみて下さい。スマホは正しく使用すればとても便利で欠かせない物ですが…大人がスマホにはまっているのに、子供にはダメ!と言えるでしょうか…
小学生でも作れる Line スタンプ
小学生や中学生、高校生がライン(Line)スタンプ作りに挑戦するならコレ!3Dスタンプや「しゃべる」スタンプ作りに挑戦してみませんか?只今いじめ防止ライン(Line)スタンプも募集中です。

ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME いじめ体験談(実話) スマホ・ラインいじめ特集 いじめが惹き起こす悩み 運営者情報