学校や先生がいじめを認めないときの対策

学校の先生がいじめを認めない場合の対策

このエントリーをはてなブックマークに追加

学校がいじめを認めない場合の対策方法

泣く子供

学校の先生がいじめを認めない場合は…?
どうしたらいいのでしょう?

 

よくそういうつもりじゃなかった…
と、いじめた加害者は言いますが、受けたその子が傷つけば、それはいじめです。
先生達公務員の職場は縦社会ですので、事なかれ主義の方も多いことでしょう。

 

争いごとやもめごとをなるべく避けて、給与だけキッチリ貰っていれば良し!
争ってムダな労力は使いたくないという先生です。

 

そして、イマドキの子供は先生に対して恐れもなく強い態度で臨んできますので、女性教諭なら避けて通りたいところだと思います。

 

テレビドラマのような、金八先生や仙八先生、GTOなどは、現実の世界では通用しませんし…。

 

学校や先生にいじめを認めてもらうには、証拠品を集めることです!

  • 子供の身体にアザ腫れはありませんか?(写真を撮っておいてください。)
  • 破かれたノートや教科書、切られた上履きや外靴、持ち物、筆箱、えんぴつ、紅白帽子、

    泥まみれになった服や切られたジャージ、壊された名札やネームプレート、給食セット、
    汚された下駄箱や机、画鋲が刺さった椅子、画鋲が刺さった写真…、

  • 財布の中のお金は盗まれていませんか?

など、何でもいいですので、取っといて下さいね。
そして、日付をメモしておいて下さい。
「いついつ、 ○ ○ がありましたと…。」

 

私は、手書きではなくパソコンで詳しく入力したものを提出しました。

 

<必要事項>

  • 日付と場所と時間
  • そこに至った経緯と起こった出来事
  • 加害者の子の名前と人数
  • その場で関わった他の友人達の名前
  • 被害状況
  • 自分は何と言ったか (言葉そのものをそのまま詳しく) (低学年なら特に必要です)
  • 相手は何と言ったか (言葉そのものをそのまま詳しく) (低学年なら特に必要です)
  • 友人達の証言     (言葉そのものをそのまま詳しく) (低学年なら特に必要です)

など、これらを書いた紙を持って学校に提出して下さい。

 

相手の子供(いじめっ子)の親と、直接話すのは学校に連絡してからにしてください。
相手が誤魔化したり、逃げたり、無かった事にしようとしたりする傾向があり、逃げ道を塞ぐためです。

 

証拠品があれば、学校側も認めざるおえません。

 

 

文部科学省において、平成25年6月28日付けで、「いじめ防止対策推進法」が通知されました。

 

しかし、あれから1年経過しますが、いじめ問題は増えるばかりです。
自殺という選択をしてしまったお子さんも今年は多かった… m(__)m

 

つまり、この対策推進法は期待できないということです!
であれば、やはり守れるのは親!しかいないという事!
学校や先生方は、いじめがあっても、「隠蔽」して何事も無かった事にしがちです。

 

本当はいじめ問題を正しく解決した教師が、正しい評価を受けるという体制にすべきなんですが…。
残念な事に結局は、それぞれの地域の学校の先生の現場のそれぞれの人としての人間のあり方なんです…。

 

『 成らぬことは為らぬ 』 これを徹底してほしいです!

 

 


注目記事

大人のいじめ(女性特有)
学校はなぜ、いじめを隠そうとするのですか? 学校がいじめがある事を認めない...
小学校低学年のいじめとは?

いじめ問題を真剣にお伝えしています。 解決の入り口の参考に…



いじめの知識 ・ 技術そしてコツをお教えします!



このエントリーをはてなブックマークに追加



このページの先頭へ戻る

学校の先生がいじめを認めない場合の対策関連ページ

低学年のいじめ
子供が低学年のときに、いじめにあっていたら言葉の使い方が重要になってきます。いじめられている我が子が上手に説明できるようにする方法をお伝えしています。
いじめを解決する専門の先生
もし、いじめを解決する専門の先生がいたらどんなに良い事でしょう。その先生が存在する県があります。滋賀県大津市では、全国初の 「 いじめ対策担当教員 」 というものを作り、小 ・ 中学校にて、いじめ専門の教員が配置されています。ぜひ、全国の小 ・ 中学校に 「 いじめ対策担当教員 」 配置を!!
いじめ相談場所(小学生・中学生・高校生・大人)
いじめられている子供は意外にも、みんな大人の心を持った子が多いです。心の成長がきちんと身についていて、順調に成長しているということなのですが、大人の考え方ができる心を持っているために、言葉を選びながら相手を思いやり優しい気持ちで接します。その優しさがいじめる側からすると、気弱な面として思われ、からかわれる対象になりがちなんです。
いじめた子の親のコメント
子供がいじめをする側(加害者)になっってしまった親御さんは、被害者に対してどのような対応をしたのでしょうか? 「 息子がいじめをしていました… 」 いじめられた側は、いじめた側の(加害者)の、今後を見ておられることでしょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME いじめ体験談(実話) スマホ・ラインいじめ特集 いじめが惹き起こす悩み 運営者情報