いじめ対策担当教員

いじめ解決専門の先生を僕の市にも配置してほしい!

このエントリーをはてなブックマークに追加

いじめを解決する専門の先生

僕の市にも 「 いじめ対策担当教員 」 を作ってほしい!!
息子が言った言葉です。

 

日本の滋賀県大津市では、「 いじめ対策担当教員 」 というものがあるそうです。
どういったものかというと…

 

大津市中2いじめ自殺事件
2011年10月11日に、滋賀県大津市内の中学校の当時2年生の男子生徒が、
いじめを苦に自宅で自殺するに至った事件が起こりました。
この事件がきっかけで、翌年にはいじめ防止対策推進法が国会で可決。
そして、さらに、大津市において全国で初の 「 いじめ対策担当教員 」 が各小・中学校に配置される事になったのです。

 

 

岩手県で、一人の少年がいじめにより列車に飛び込み亡くなりました。
その事件が、「FNSドキュメンタリー大賞 届かなかった少年のSOS~“いじめ"自殺が遺したもの」 で、放送されました。
その映像の中では、大津市の息子さんを亡くした父親が、同じく息子さんをいじめで亡くした岩手県の遺族を訪ねるシーンがあります。
悲劇が繰り返されないよう、「 いじめ対策 」 の一つの方法として、
大津市では、「 いじめ対策担当教員 」 を配置していることを伝えていました。

 

「 いじめ対策担当教員 」 とは、
学校の中に、教師の中から選ばれた者がなり、その教諭はクラスを持たず、1日の大半をいじめがないかどうかを見回るという先生です。
学校のトイレや下駄箱など、徹底してチェックしたり、生徒に声を掛け様子を伺ったりしてくれるそうです。

 

いじめ解決専門の先生を僕の市にも配置してほしい!
靴の中にが入っていることが多いそうです。

 

いじめ解決専門の先生を僕の市にも配置してほしい!
生徒にを掛け、校内をくまなく見回ります。

 

「 いじめ対策担当教員 」 は、子どもの目線で、いかに子どもたちを守って考えていくかという事を行っています。
毎日、生徒の小さな変化を見逃さないように、学校内の巡回や担任等との情報交換をすることにより、いじめを早期に発見する取り組みを進めています。
また、週1回会議を行い、情報を交換共有報告し、対策を行っているそうです。

 

 

そこで大事にしていることが、教員(先生)のケアだそうです。
この取り組みをより良くするために、担当教諭の負担を軽減することで、先生がゆとりを持った気持ちで、子どもに向き合える体制を整えているそうです。
また、教員の指導として、専門の臨床心理士や社会福祉士等からいじめへの対応についての
指導 ・ 助言を大学院にて学び、現役教師及び、大学卒業後の教員も学ぶことができる体制をとっています。

 

ぜひ、全国の小 ・ 中学校に 「 いじめ対策担当教員 」 配置を!!

 

 

いじめ学年別件数
大津市のいじめ件数
・ 部活動が始まる4年生から増えています。

 

いじめ解決専門の先生を僕の市にも配置してほしい!
大津市のいじめの行為
・ 言葉のいじめが多いようです。

 

< 参考資料 >
・ FNSドキュメンタリー大賞 届かなかった少年のSOS~“いじめ"自殺が遺したもの
・ 大津市役所ホームページ

 

いじめ問題を真剣にお伝えしています。 解決の入り口の参考に…



いじめのない場所へ走りだそう。

子供が自分に自信をつけることで、 イジメのない仲間達の中に入れます。

そのお手伝いとして、次の方法をご紹介します。

自信を持つ!(スポーツ)

自信を持つ!(勉強)



このエントリーをはてなブックマークに追加



このページの先頭へ戻る

いじめ解決専門の先生を僕の市にも配置してほしい!関連ページ

学校や先生がいじめを認めないときの対策
いじめを受けているが学校や先生がいじめを認めない場合どうしたらいいのか、実際に私がとった対策を実話でお届けしています。
低学年のいじめ
子供が低学年のときに、いじめにあっていたら言葉の使い方が重要になってきます。いじめられている我が子が上手に説明できるようにする方法をお伝えしています。
いじめ相談場所(小学生・中学生・高校生・大人)
いじめられている子供は意外にも、みんな大人の心を持った子が多いです。心の成長がきちんと身についていて、順調に成長しているということなのですが、大人の考え方ができる心を持っているために、言葉を選びながら相手を思いやり優しい気持ちで接します。その優しさがいじめる側からすると、気弱な面として思われ、からかわれる対象になりがちなんです。
いじめた子の親の意見
子供がいじめをする側(加害者)になっってしまった親御さんは、被害者に対してどのような対応をしたのでしょうか? 「 息子がいじめをしていました… 」 いじめられた側は、いじめた側の(加害者)の、今後を見ておられることでしょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME いじめ体験談(実話) スマホ・ラインいじめ特集 いじめが惹き起こす悩み 運営者情報